代表挨拶


CBLAの日本人経営者

はじめまして、チェリーブロッサム代表の高山と申します。

当校を始めたきっかけについてお話しします。

 

私自身も過去にフィリピン留学を経験しています。

フィリピンは発展途上国で、あんまり良いイメージもなかったので、

最初はただ英語だけを勉強して、さっさと日本へ帰ろうと思っていました。

 

ですが留学時に現在の経営パートナーとの出会いによって、

それは大きく変わり、素晴らしい留学になりました。

 

留学の際にあるきっかけで私は彼と知り合いました。

彼は大学で講師をしていた経験があり、英語の知識が豊富なため、

個人的に英語の家庭教師として契約をしました。

 

しっかり教えてくれるか少し不安でしたが、

時間にルーズなフィリピン人の中では珍しく、

毎日朝8時から20時までの12時間という長時間にも関わらず、

1日も、1時間も欠かさず熱心に英語を教えてくれました。

私がやる気のない時は、一緒にビーチに行ってビールを飲みながら

英語を教えてくれたり、しっかり工夫もしてくれました。

(飲酒授業でしたが、それが非日常すぎて逆にその時の単語など覚えています。)

 

さらに休日は体験学習の一環として、彼と共にフィリピン中を周りました。

マニラの摩天楼が見える高層ビルの屋上プールに入ったり、

日本人が来たの第二次大戦以来じゃないの?ってくらいの山奥の村で滞在したりなど、

普通のフィリピン留学では味わえない体験をしてきました。

 

フィリピンという環境や文化を最大限に活かし、体験を通じて活きた英語を学びました。

その時に話した言葉や聞いた英語は、今でも鮮明に心に残っています。

そしてこれは今の私の英語力の立派な一部となっています。

 

フィリピン留学をするほとんどの方は、

ただ英語だけを学んで、ただ日本へ帰ることが多いかと思います。

 

留学に来る方は英語初心者だったり、海外初心者であったりするため、

1人でも強い行動力を持っているか、ちゃんと信頼できる現地人を知っているか、

ではない限り、特別な体験を得ることは、なかなか難しいことだと思われます。

 

そこで私自身の体験を活かし、

多くの方に、手軽にフィリピンで素晴らしい体験して頂き、

『心に残る英語』を学んで頂きたいと想い、

私は、英語を教えてくれた経営パートナーと共に本校を立ち上げました。

 

英語を学ぶには、学校にこもりきり集中して勉強することも大事ですが、

特別な体験を通じて英語を学ぶことも同じくらい大事です。

その体験の中で、学校で学んだ英語を使えば、それも立派な英語力に繋がります。

 

これらをモットーに、当校では平日はしっかり学習をしていただき、

休日はその学習を活かせる体験をしていただく環境を、できるだけお安くご提供したいと考えています。

もちろん常に生徒様目線に立ち、誰にとっても快適で安心できる環境を前提としています。

 

 この留学が生徒様にとって、一生に一度の留学かもしれません。

1人1人の方に、本当に素晴らしい留学をして頂きたいとスタッフ一同心から存じております。

 

もしよろしければ、チェリーブロッサムで『心に残る英語』を学びませんか?

 

ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。

Thanks